▼クレジット用語集

キャッシング用語集(初めての方へ)

■クレジットカードとは?
クレジットカードとは、使用者の信用に基づいて発行されるカードで、使用者はこのカードを使い、カード会社が予め定めた条件(利用融資額や有効期間)の範囲内で、商品を購入したり、サービスを受けたりすることが出来ます。また、商品代金を分割払いやボーナス一括払い等、後払いにすることが出来ます。尚、一般的なクレジットカードで利用可能な機能・サービスを大別すると、下記の通りとなります。
1.決済手段
現金の代わりに商品代金やサービス利用料金の支払に利用できます。
2.クレジット(信用販売)機能
商品代金やサービス利用代金の支払を分割払いにしたり、ボーナス時一括払いにする事が出来ます。
3.キャッシング・ローン機能
カードを利用して指定のATM・CDでキャッシング(翌月一括返済)やカードローン(リボルビング払い)を利用する事が出来ます。
4.ポイントサービス
利用金額に対してポイントが加算され、獲得ポイントに応じてカード会社の用意する商品・商品券等と交換したり、キャッシュバックを受ける事が出来ます。
5.付帯保険サービス
カード契約者を対象に、旅行保険やショッピング保険等の保険サービスが提供されます。
6.指定店舗での割引特典
カード会社の指定する店舗、加盟店でのカード決済(カードの提示)で代金が割引となる特典です。
7.その他
海外でのヘルプデスクサービスやチケット取得代行、ゴールド会員限定で空港ラウンジサービスや航空機の遅延損害保険等、様々なサービスが提供されています。
■支払方法について
クレジットカードの支払方法は、極論1回で払うか分割して払うかになりますが、分割して支払う方法としては「分割払い」と「リボルビング払い」、「フレックス払い」等があります。
1.一括払い
クレジットカードの支払方法のうち、最も基本的な支払方法となります。カード会社指定の締め日までに、利用した利用代金を翌月または翌々月に一括払いする方法です。
2.分割払い
クレジットカードの利用代金を分割して支払う方法です。分割回数はカード会社によって異なりますが、3回払い、6回払い、12回払い等が指定可能です。厳密に言うと、2回払いやボーナス一括払いは「分割払い」には含まれません。
3.ボーナス一括払い
利用者のボーナス支給に合わせて支払日を設定する支払方法です。
4.リボルビング払い
利用件数・金額に関わらず毎月の返済金額を一定額に設定して支払う方法です。支払額の設定の仕方によって下記のように細分化されます。
・定額リボルビング払い:毎月の支払額をあらかじめ指定して支払う方式
・定率リボルビング払い:利用残高に一定割合を乗じて返済額を決定する方式
また、上記の分類に加え、利用残高の額によって定額や定率が変化する「残高スライド定額リボルビング払い」や「残高スライド定率リボルビング払い」等があります。
5.フレックス払い
リボルビング払いの変形的な支払方法で、リボルビング払いが常に一定額を支払うのに対し、予め指定した最低支払額を上回る金額であれば、いくらでも支払う事が出来る支払方法です。
シティバンク・クリアカード、三井住友VISAカードの「マイペイすリボ」、DCカードJizail、JCB【Arubara】等が採用しており、その支払いの自由度の高さから「あるとき払い型カード」等と呼ばれている。
■ポイントプログラムについて
各社のクレジットカードでは、多くの場合カードの利用額に対して付与されるポイントがあり、ポイントの有効額に応じて各カード会社の用意する商品や商品券、キャッシュバックなどの特典を用意しています。ポイントの有効期限やポイント交換の際のレートがそれぞれ異なりますので、チェックすることをお勧めします。
また、リボルビング払いにするとポイントが2倍加算されるなど、支払方法の選択によって変わったり、一定の利用額を超えるとボーナスポイントが加算されたり、翌年のポイントのレートが上がるなどの特典があります。特に、JCBドライバーズプラスやNICOSケータイカードといった、支払う料金の種類を限定してより有利な条件でポイントが加算されるものもありますので、自分で利用頻度の高いものに合わせてカードを作るとよりお得です。
■付帯保険について
クレジットカードに付帯する特典として代表的なものの一つに付帯保険があります。基本的には、自動付帯保険となっていますので、特に手続き・申込や保険料を利用者側で負担する必要も無い、お得で安心なサービスといえます(一部オプション申込や保険料の負担が必要なものもあります)。特に海外旅行、海外出張の多い方には渡航の度に海外旅行傷害保険を申込むのは手間ですし、不経済です。その点、クレジットカードの付帯保険であれば、持っているだけで若しくは海外での決済手段として利用する事で、もしもの場合の補償対象となります。 尚、クレジットカードに付帯する保険として代表的なものは下記の通りです。
1.海外旅行傷害保険
海外旅行中の病気やケガを補償してくれる保険サービスです。海外旅行中はいつでも補償対象となり、疾病治療費や賠償責任・携行品損害にも対応してくれるものもあります。
2.国内旅行傷害保険
国内での旅行や出張中の病気やケガを補償してくれる保険サービスです。国内航空機・船舶・バス・タクシーなどの公共交通乗用具搭乗中傷害保険、宿泊火災傷害保険、主催旅行参加中傷害保険等がセットされているものもあります。
3.ショッピング保険
クレジットカード決済で購入したものに対して購入日から一定期間内での盗難・紛失・破損を補償してくれる保険サービスです。「ショッピングプロテクション」・「ショッピングガード保険」、「お買い物安心保険」等カード会社によって若干呼び名が変わるが基本的なサービス・保証内容は同一です。
■利用限度額
通常、クレジットカードには月々利用できる限度額が設定されております。限度額は利用状況や返済実績により変化し、利用可能な信用枠が広げられる場合があります。
■国際カード
国内・海外で使用できるカードのことを指します。VISAカード、Master Card、JCBのほか、American Expressなどが代表的なものといえます。
■盗難・事故防止
クレジットカードを手にしたら、最初にカードの裏の所定欄にサインをしてください。海外での使用を考えているのであれば、英語のサインではなく、比較的まねのされにくい漢字で記入しておくという防止策もあります。サインのないカードが不正使用された場合は、損害額が補償されないのでご注意ください。
■カードをなくしたら
カードをなくしたと気づいたら、すぐにカード会社へ連絡し、使用できないようにする手続きをとる必要があります。海外旅行へいく場合には、パスポートナンバーのほかクレジットカード番号、旅行先にあるカード会社の連絡先番号を控えておくようにすると、再発行手続きもスムーズに行ってもらうことができます。
■キャッシングサービス
国内・海外の提携カードマークの付いたキャッシュディスペンサーで現金を借りる事ができます。通常のカード利用限度額とは別に、キャッシング利用限度額が設定されているカードなど、所有するカードにより条件が異なりますので、各社の資料でお確かめの上ご利用ください。